菅原工芸硝子 ディンプル業180

【菅原工芸硝子】
昭和7年、東京都江東区にて菅原一馬氏個人により創業。
昭和25年、墨田区に移転し菅原硝子蠅悄
昭和36年、現在の千葉県九十九里にて菅原工芸硝子蠅鮴瀘。
昭和49年よりオリジナル商品に軸足を移し、以来今日に至るまでハンドメイドにこだわり「体温のようなぬくもりを持った硝子を届けたい」という想いにて、職人一人ひとりの手から日々多彩な品々が生み出されています。


高温で溶けたガラスを急冷することで生まれる、一つひとつ異なる味わいある表情。シンプルで使いやすいかたちは、様々な料理をそして食卓を瑞々しく演出してくれます。六寸の存在感ある佇まいは新鮮な印象の盛り鉢として、また涼感溢れる麺鉢としてなど眺める程にアイデアがひろがります。

■素材/ガラス
■サイズ/(約)径18僉濆發毅広
※ハンドメイド品となりますので、一つひとつ異なる表情となります。
また御覧頂く機器環境により画像と本品では色見に若干差異が生じます。予めご了承ください。
販売価格 5,940円(税440円)
SOLD OUT

おすすめ商品


小鹿田焼小袋窯 象嵌リム皿

3,888円(税288円)
SOLD OUT


清岡幸道 耐火フライパン 大

6,480円(税480円)
SOLD OUT


菅原工芸硝子 ディンプル業180

5,940円(税440円)
SOLD OUT


岳中爽果 ポット

10,800円(税800円)
SOLD OUT


岳中爽果 赤絵銀彩抹茶椀

10,800円(税800円)
SOLD OUT


Top